オーナーさんは多趣味な蒐集家 網走市のオーベルジュ北の暖暖はワンダーランド

こんにちは、
北海道遊び人こと西村彩乃です。

今日は網走市のオーベルジュ北の暖暖をご紹介します。

私は、2019年2月に宿泊しました。
記事の内容はこちらになります。

ワンダーランド北の暖暖の館内巡り

オーベルジュ北の暖暖のその名の通り、暖かい灯りがもれる冬のエントランスです。
赤い丸ポストがありますが、それは古いもの、懐かしいもののホンの序の口?でした。
網走市オーベルジュ北の暖暖

チェックインカウンターの周りはおメデタサいっぱい(笑)
オーベルジュ北の暖暖ロビー

ロビーにはストーブを囲んで談話スペースがあります。
オーベルジュ北の暖暖ロビー

こちらはRICHO THETAで撮影したロビーの全天球画像です。
スマホはスワイプで、PCはカーソルで画面を動かしてご覧いただけます。
むき出しの梁のウッディな造りが楽しい雰囲気です。

北海道網走市オーベルジュ北の暖暖。 フロントロビー。 2019年2月13日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

チェックイン後、お部屋に向かう廊下にも、たくさん懐かしいもの、古いものがディスプレイされています。
オーベルジュ北の暖暖廊下

人力車!
オーベルジュ北の暖暖の人力車

どこのメーカーでしょうか?取説付きの古いオートバイです。
オーベルジュ北の暖暖古いオートバイ

フロントフェンダーの風切りに年が書いてありますが、私の生まれた年とそれほど変わりません。
オーベルジュ北の暖暖のオートバイオートバイクラシックオートバイ

ゴブラン織りの布の掛かった昭和33年三菱電機製のテレビとか、、、
オーベルジュ北の暖暖の骨董品テレビ

サングラス姿のニヒルなヒグマもスタンバイしています。
オーベルジュ北の暖暖のヤンキーヒグマ

もう、いろんなものが所狭しと並んでいます。

でも、まだまだホンのさわりでした。
お部屋に入ったあと、館内を探検しましたが、こんなお部屋がありました。
おもちゃ小屋と名付けられた小部屋には、お人形さんやらミニカーやらビニール怪獣やらごちゃまんと。
こちらもRICHO THETAで撮影した全天球画像です。

北海道網走市オーベルジュ北の暖暖。 おもちゃの部屋。 2019年2月13日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ウルトラマンや仮面ライダーや怪獣たちがたくさん!
オーベルジュ北の暖暖のおもちゃ小屋

オーベルジュ北の暖暖は古いもの、懐かしいもの、骨董品の好きな人には、一日一晩では足りないくらいのワンダーランドです。

北の暖暖の素敵なお部屋

廊下を通ってお部屋に向かいます。

各お部屋の名前が漢字で書いてあります。
手前左が「愛の緑(アイノミドリシジミ)」右が「姫岐阜(ヒメギフチョウ)」
その奥左「つま黄蝶(ツマキチョウ)」右が「小紫(コムラサキ)」
オーベルジュ北の暖暖の廊下

たぶんオーナーさんの趣味だと思うのですが、すべて蝶の名前です。
そして、私のお部屋は「小三筋コミスジ」でした。もちろんこちらも蝶の名前です。
興味がおありの方は、蝶の名前を検索してみてください。

それにしても、オーナーさんは多趣味ですね。

ということで、小三筋のお部屋です。和洋折衷の広々としたお部屋です。
こちらのお部屋、実はあまり部屋グレードの高い部屋ではないのですが、
ひとり旅には充分すぎるくらいの余裕のあるお部屋です。
オーベルジュ北の暖暖の小三筋のお部屋

オーベルジュ北の暖暖のお部屋

トイレもウッディな壁で落ち着きます。もちろんウォシュレット付きです。
オーベルジュ北の暖暖のお部屋のトイレ

翌朝のお部屋。
こちらもRICHO THETAで撮影した全天球画像です。

北海道網走市オーベルジュ北の暖暖。 「小三筋」と名付けられたお部屋。 2019年2月13日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

北の暖暖はディナーも朝食も魅力的

北の暖暖のディナーは、館内のレストランでいただきます。
レストランにも、いろいろな収集品がディスプレイされています。
オーベルジュ北の暖暖ディナータイム

こちらの画像はRICHO THETAで撮影した全天球画像です。
スマホはスワイプすると、PCはカーソルを使っていろいろな角度で画像を見ることができます。

北海道網走市オーベルジュ北の暖暖。 ディナータイム。 2019年2月12日 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

宿泊した日のメニューです。
オーベルジュ北の暖暖ディナーのメニュー

時期によって自家農園の野菜や、旬のオホーツクの幸を使った
和洋折衷の創作料理です。
いくつか料理の画像をご覧ください。

人参ムース生うに添え コンソメジュレ
オーベルジュ北の暖暖のお料理

サーモンマリネ カリフラワーソースとトマトソース
オーベルジュ北の暖暖のお料理

アンコウの香草パン粉焼き 大葉バターソース、ズッキーニ、黒ダイコン、グリンピース。
オーベルジュ北の暖暖のお料理

道産牛ホホ肉の赤ワイン煮。
オーベルジュ北の暖暖のお料理

どれも美味しくいただきました。
ひとり旅ではなく、カップルで訪れたなら素晴らしいディナータイムとなったことでしょう。

朝食は和食をチョイスしました。
オーベルジュ北の暖暖のお料理

ディナーのときのお部屋とは別のお部屋ですが、
こちらにも、いろいろ飾られています。
オーベルジュ北の暖暖の朝食会場

目の前には鉄道模型が飾られていました。
オーベルジュ北の暖暖の朝食会場の鉄道模型

窓の外は雪景色。餌台が設けられていますので、野鳥がたくさん訪れます。

しかしまあ、オーナーさんの多趣味ぶりには圧倒されまくりです。

北の暖暖はもちろん温泉もワンダーランド。

網走湖畔に湧出する温泉を引いたお風呂は、こちらもビックリな仕掛けがあります。
こちらは、普通の露天風呂。
オーベルジュ北の暖暖の露天風呂

立ち上がると網走湖が見えます。
オーベルジュ北の暖暖の露天風呂

そして、こちらの露天風呂が龍風呂(立つ湯)です。
オーベルジュ北の暖暖の露天風呂

入浴中の私が手すりにしがみ付いています。

そして、このあと中央に下がっているロープにつかまりした。
実は、この龍風呂、深さが1m50㎝あります。
170㎝の私が、ギリギリ立てる深さです。
オーベルジュ北の暖暖の露天風呂

もちろん内湯もあります。
オーベルジュ北の暖暖のお風呂

そのほかにも、無料で利用できる貸切風呂もありますが、
私は利用しませんでした。

オーベルジュ北の暖暖は、温泉もワンダーランドでした。

アクセス

オーベルジュ北の暖暖は、網走市街中心部から、南西へ、
博物館網走監獄や天都山のオホーツク流氷館へ向かう途中の丘の上にあります。
送迎サービスは行っていないので、マイカー、レンタカー以外の方は網走駅からタクシー利用になります。

オーベルジュ北の暖暖
北海道網走市大曲39-17
tel. 0152-45-5963
公式サイトhttp://kitanodandan.com/

JR網走駅から車で7分。女満別空港から車で20分

ワンダーランド「オーベルジュ北の暖暖」にぜひ訪れてみてください。

ひとり旅も受け入れてくださいましたが、ハイシーズンについてはわかりません。
公式サイトにてご確認ください。

オーベルジュ北の暖暖

オーベルジュ北の暖暖のご予約はこちらから。

広告